松平勝男 左脳型速読術 

1日1時間のスキマ学習で速解スピ−ドを5倍10倍と引き上げた速読術があります。

速読

速読では「内容を素早く把握し、インプットする」ための左脳の使い方が

重要なポイントになります。

速読
ここで紹介するのは言語、計算、論理的な思考を司る左脳の速読術です。


一番重要なのは「内容をすばやく把握しインプットすること」ですので

無理なスピ−ドを追い求める訓練は必要ありません。


1分間に112万文字が読める速読なので1ペ−ジ1,000文字の本だとすると

1,120ペ−ジ読めることになります。そうするとB5版程度の300ペ−ジの本だと

1分間に4冊も読めるのです。



速読


速読は感性の世界ですし学習面では今の速読が1番合っていると言えます。


また左脳の速読は英文の速読も可能です。


英語のスキルを上げるのと同時に速読スピ−ドを向上させるためにはまず音読です。


あなたが資格試験、又はビジネスにおいてインプット効果を極限まで高めさまざまな

場面で有効に活用したいと思うのなら、この左脳速読術をお勧めします。



 

サイトマップ